土方歯科医院 葉山イメージ

治療方針

【土方歯科医院の歯科治療に対する考え方】

歯科治療の基本を大切にしています。
歯科の業界も新しい技術を取り入れて日々進歩し、10年前には考えられないくらい進歩しています。世の中の新しい技術を取り入れて、常に変わっていくことも大切なことですが、基本をおろそかにすると、素晴らしい技術も台無しになります。

 ≪土方歯科医院が大切にしている歯科治療の基本!≫

  1. お口の汚い中の汚いものを徹底的に除去し、細菌のすみかをなくしますます。

 【お口の中の汚いものを徹底的に除去する】を読んでくださいね。

  1. 常に咬み合わせを考え、歯に加わる力を考えます。

 【歯に加わる力を考えること】を読んでくださいね。

  1. お口の中をきれいにするためのブラッシングを身につけていただき、定期的な歯のお掃除をします。

 【お口の中をきれいにするブラッシング、歯面清掃】を読んでくださいね。

【お口の中の汚いものを 徹底的に除去する】

昔から変わっていないこと、歯科医療の基本は、お口の中の汚いものを除去すること、慢性炎症の元になるものを除去して、清潔にすることです。
虫歯の治療は⇒
虫歯で穴のあいた歯は、柔らかくなって虫歯菌の存在する汚い部分を徹底的に除去して、金属やセラミック、プラスチックで補います。
歯の神経の治療は⇒
ばい菌で汚染されて、汚くなった歯の神経はきれいに取り除いて、隙間のないよう薬を詰めます。
歯周病の治療は⇒
歯周ポケットの中に住む、歯周病菌や汚いものを徹底的に取り除くのが、歯周治療です。
※頑張って治療してもダメな歯は抜歯します。歯を抜くということは、汚いものを除去する最終手段になります。汚いものを除去すること、これが歯科治療の基本のひとつです。

【歯に加わる力を考えること】

私が日々の診療で大切にしているもう一つは力のコントロールです。
力のコントロールとは、咬み合う歯にどういう力が加わるか考慮することです。
どんなに素晴らしい、歯の神経の治療をしても、どんなに素晴らしい、歯周病の治療をしても、そしてどんなに素晴らしい被せ物をしても、歯に作用する力を考えなければ、いずれその歯はだめになります。一本の歯だけが先にあたったり、横に揺さぶられるような力が働けば、その歯は早く駄目になります。一本の歯を治すにしても、その歯のどことどこが当たって噛んでいるか、全体のかみ合わせとの釣り合いはどうなのか考慮することが大切です。他の歯より強く当たっていても、歯並びがデコボコしていても、横に揺さぶられるような当りがあっても、歯はダメージを負います。また、咬み合わせが良くないと、精神的なストレス、肩こり、片頭痛を起こすこともあります。常に歯に作用する力を考えて治療しています。
上下の歯の当たり咬み合わせのことを咬合と言いますが、土方歯科医院は咬合を大切にしています。

 

【お口の中をきれいにする ブラッシング、歯面清掃】

もう一つ大切にしていることがあります。正しい歯ブラシの方法、個人個人にあった歯ブラシの方法をご指導、アドバイスして、お口のお掃除の方法を身につけていただいています。磨けていると思われても磨けてないことが多いものです。歯磨き粉の爽快感でさっぱりされたと思われる方は多くいらっしゃいます。お口の状況が個々に違えば、使う歯ブラシの種類、硬さも違います。歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス等で歯の汚れ、歯、歯肉に付いたばい菌を徹底的にご自分で取る練習をしていただいて、お口の中を清潔にしていただいています。そして、定期的に来院していただいて、ご自分では取り切れない歯の汚れや歯石、ばい菌を徹底的に除去しています。歯ブラシで歯の汚れを取ることは、虫歯の予防、歯周病の予防につながりますし、全身の健康にもつながります。また、詰め物、被せものを永く使っていただくことにもつながります。

プロフィール
院長 土方 周 (ひじかた しゅう)
  • 日本歯科大学卒日本歯科大学口腔外科勤務
  • 日本顎咬合学会会員
  • 日本口腔衛生学会会員
  • スタディグループCBSベーシックコース在籍
  • 神奈川県地域保険委員会委員
  • 逗葉歯科医師会公衆衛生学校歯科担当理事